MENU
映画

キングダム実写映画キャストと原作比較!キングダム2の相関図も!

本記事では「キングダム実写映画キャストと原作比較!キングダム2の相関図も!」と題しまして

  • キングダム相関図
  • キングダム実写映画キャストと原作比較
  • キングダム2相関図
  • キングダム2実写映画キャストと原作比較

以上について紹介していきたいと思います。

人気漫画キングダムの実写化映画。

「実写キャストの原作再限度は?」と気になっている方も多いかと思います。

主観交じりですが、あのキャラを演じたのは誰なのか?を紹介するとともに、原作と比べてどうなの?と相関図を交えて比較していきます。

キングダム相関図

『キングダム』相関図は後日追記予定です。

キングダム実写映画キャストと原作比較

信(しん):山﨑賢人

「天下の大将軍」を目指す主人公の信。

演じるのは実写化映画に多数出演している山﨑賢人さんですね。

アクションのイメージはありませんでしたが、アクション演技のため体づくりやトレーニングをされて、アクション監督からの評価も高かったとのこと。

キングダム2の演技にも注目ですね。

嬴政(えいせい)・漂(ひょう) : 吉沢亮

信の幼馴染の親友で同じ夢を志す・漂(ひょう)、第31代秦王、のちの始皇帝、漂と顔がそっくりな・嬴政(えいせい)は、吉沢亮さんが二役演じています。

嬴政といえばとにかく顔がいいというイメージがありましたので、とにかく顔がいい吉沢亮さんはハマり役という感じですね。

楊端和(ようたんわ) :長澤まさみ

「山海の死王」楊端和(ようたんわ)を演じるのは長澤まさみさん。

「強い女」のイメージで顔もキリリと強めな印象の原作と比較してビジュアルは少し柔らかすぎる感じもしますが、演技力でカバーといった感じでしょうか。

河了貂(かりょうてん):橋本環奈

山民族「梟鳴(きゅうめい)」の末裔でのちに飛信隊の軍師となる河了貂(かりょうてん)を演じるのは橋本環奈さん。

橋本さんも実写化映画出演が多く、個人的に「今日から俺は!」の理子ちゃんが記憶に新しいです。

河了貂は序盤男の子に間違われるほど男勝りなのでさすがにそのあたりは無理があるかな…という感じでした。

成長した河了貂は美少女なので…橋本環奈さんの美少女ぶりが光っていると思います。

成蟜(せいきょう): 本郷奏多

嬴政の異母弟、成蟜(せいきょう)は本郷奏多さん。

個人的に「テニミュ(ミュージカルテニスの王子様)俳優」というイメージが強く、「美少年」というイメージだったので、ビジュアルのハマりっぷりや悪役演技のハマりっぷりに驚きました。

原作では第一婦人瑠衣とのカップルが好きなのですが、映画にはキングダム2を含め、登場しませんね。

残念です…。

王騎(おうき):大沢たかお

六将軍最後の生き残り、王騎(おうき)を演じるのは大沢たかおさん。

王騎将軍はとても人気のキャラクターですよね。

大沢たかおさんは塩顔なので王騎将軍的目力を感じない…などビジュアル的な違和感は拭えないものの、「ンフ」笑いや王騎としての演技は評価を得ていましたね。

キングダム2では「コココ」も聞けるでしょうか。

騰(とう):要潤

王騎軍の副官、「ファルファルおじさん」(戦闘時の効果音から読者がつけたあだ名)騰(とう)は要潤さん。

実写化・要潤さんときてジャガーさんを思い出ししまいました。

ビジュアル的にはあの目を見開いた感じがないのが少し物足りないですね。

昌文君(しょうぶんくん):高嶋政宏

政の教育係で、現在は政の一番側近の昌文君(しょうぶんくん)は著書『変態紳士』がインパクト大だった高嶋政宏さん。

原作と比べて少し若い印象もありますが、かなりいい感じではないでしょうか?

壁(へき):満島真之介

政の側近・昌文君の副官・壁(へき)は満島真之介さん。

頼れる兄貴分・壁ですが、見た目に関しては再限度は高くはないですね…。

映画オリジナル要素が強いというか。

バジオウ:阿部進之介

楊端和の右腕の戦士・バジオウは阿部進之介さん。

仮面の下から覗いた目から美形を思わせたことからか、読者人気も高いキャラだそう。

映画では見せ場が少なかったのが少し残念でしたね。

阿部さんも原作の切れ長の目の雰囲気とは違いますがイケメンですよね。

仮面なのがもったいないですが、見えないのがまたニクいですね。

タジフ:一ノ瀬ワタル

山の民の戦士・巨漢のタジフは一ノ瀬ワタルさん。

格闘家をされていたとのことで、がっしりした体格が合っていましたね。

朱凶(しゅきょう):深水元基

暗殺者、朱凶は深水元基さん。

正確には、「朱凶」は暗殺部隊の名前なので、登場するのは「朱凶」の「徐完」ですね。

不気味な特殊メイクがかなり再限度高かったです。

キングダム2相関図

『キングダム2 遥かなる大地へ』相関図は後日追記予定です。

キングダム2実写映画キャストと原作比較

羌瘣(きょうかい):清野菜名

強い!美女!天然カワイイ!で大人気のヒロイン羌瘣(きょうかい)を演じるのは清野菜名さん。

「若手アクション女優」として知られる清野菜名さんなので、アクションにも期待できますね。

昌平君(しょうへいくん):玉木宏

秦軍の総司令官を務める軍師・昌平君(しょうへいくん)は玉木宏さん。

アニメのキャストも諏訪部順一さんとイケボでしたが、実写もまた美形ですね…。

原作と比較してもかなりの再限度だと思います。

呂不韋(りょふい):佐藤浩市

相国を務め国の実権を握る呂不韋(りょふい)は佐藤浩市さん。

原作と比べるとちょっと好色な感じというか、スケベオヤジ感が足りないかなという気がしますが、渋い演技が楽しみですね。

蒙武(もうぶ):平山祐介

呂不韋直属の四柱の1人、蒙武(もうぶ)は平山祐介さん。

ビジュアル的にはかなりいい感じではないでしょうか。

羌象(きょうしょう):山本千尋

羌瘣(きょうかい)が姉と慕う羌象(きょうしょう)を演じるのは山本千尋さん。

連載10周年記念特別動画では羌瘣として剣舞を披露していたということもあり、羌瘣役でないのを残念がる方も多いようです。

確かにこのクオリティの高さを見てしまうと、映画でも見たかった!と思ってしまいますね。

【キングダム2】山本千尋に彼氏いるの?経歴や引退の理由についても調べてみた!本記事では「【キングダム2】山本千尋に彼氏いるの?経歴や引退の理由についても調べてみた!」と題しまして 「キングダム2」に...

麃公(ひょうこう):豊川悦司

https://twitter.com/princeedwardsna/status/1478490721028284420

王騎将軍と互角の武力を持つ麃公(ひょうこう)将軍は豊川悦司さん。

原作と比較すると、猛々しさが物足りない感じはしますが…。豊川悦司さんがどう演じるのか、個人的にとても楽しみです。

尾平(びへい):岡山天音

信と漂の同郷、尾平(びへい)は岡山天音さん。

お調子者で憎めないキャラクターの尾平、かなり再限度が高いです。

尾到(びとう):三浦貴大

尾平の弟の尾到(びとう)は三浦貴大さん。

原作と比べるとゴツさがないかな~という感じですが、推定年齢に比べて老けすぎていたから逆にちょうどよくなっているかも?という声も…笑。

まとめ

最後に本記事「キングダム実写映画キャストと原作比較!キングダム2の相関図も!」で紹介したことをおさらいしていきましょう。

キングダム実写映画キャストと原作比較

  • イケメンに寄っているもののなかなかクオリティが高い、特に政や成蟜はハマり役!

キングダム2実写映画キャスト(追加キャスト)

  • かなり期待できそう、羌瘣が山本千尋さんでないのを惜しむ声も

山本千尋さんの10周年動画の羌瘣がかなり完璧だったので羌瘣役でなくて残念…というのもわかりますが、「羌瘣の憧れの存在」としての説得力が必要…という製作スタッフのコメントには納得しました。

 制作スタッフは「羌象は、強く優しく、羌カイにとって圧倒的な憧れを持つ実の姉のような存在です。超越した強さを持つ羌カイ役の清野菜名さんが、その存在を慕う説得力が必要でした」とコメント。

 「そこで、世界ジュニア中国武術選手権大会で金メダルを獲得し、原作ファンの皆さんご存知の通り、『キングダム』連載10周年記念特別動画で羌カイを演じた、その説得力と演技力を持つ山本千尋さんこそ、羌象を演じていただくベストな方でした」と起用理由を明かした。

https://mantan-web.jp/article/20220414dog00m200027000c.html

羌象の美しい戦いぶりも多く出てくることを期待しています!

キングダム関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました!