雑記

松田陣平刑事は生きてる?噂の生存説についても考察してみた【名探偵コナン】

2022年4月15日から、松田陣平刑事が登場する映画「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」が公開されていますね!

ちなみに松田陣平刑事は、初登場回からすでに亡くなっていたという特殊な設定のキャラクターでしたね。

そんな初登場回から亡くなっていた松田陣平刑事の命日っていつなのでしょうか?

またすでに亡くなっている設定となっている松田陣平刑事ですが、噂で実は生きてるんじゃないかという生存説もあるのですが、その可能性はあるのか気になりますね。

そこでこの記事では…

  • 松田陣平刑事の命日はいつなのか?
  • 松田陣平刑事は実は生きてると噂の生存説について

このことについて松田陣平刑事の死因と合わせて調べて考察していきたいと思います!

https://www.enginez.jp/konan-keisatugakkou-293

松田陣平刑事は生きてる?生存説は本当なの?

松田陣平刑事は実は生きているという噂がありますが、生存説は本当なのでしょうか?

もし本当に生きていたとしたら、今後の物語にも影響を与える伏線になる可能性にありますよね…。

ただ松田陣平刑事の生存説については、死因を考えると生きている可能性はないと考察しました!

そんな松田陣平刑事の生存説はないと言える死因とは何かについて次で書いていきたいと思います。

*ここからはネタバレを含みます

死因は?

松田陣平刑事の死因は【爆死】です。

松田陣平刑事は、親友の萩原研二の仇である爆弾魔が仕掛けた爆弾の設置場所を暗号を解いて見抜きます。

その爆弾が仕掛けられていた場所とは「杯戸町のショッピングモール内にある大観覧車の中」でした。

一人で爆弾の解体に向かい、大観覧車内での爆弾解体を始めた松田陣平刑事。

手先が器用で親友「萩原研二」から「分解魔」と呼ばれ、爆弾処理班にも所属していた松田陣平刑事にとって爆弾解体は簡単作業のはずだった…。

だが、爆弾の液晶に「もう1つの爆弾の設置場所を爆発3秒前に表示する」とのメッセージが表示されたことで状況が大きく変わります。

爆弾の解体を優先するか、自らの命を犠牲にしてもう1つの設置場所を特定し、多くの人の命を守るという究極の2択を迫られた松田陣平刑事。

松田陣平刑事が選んだのは後者の選択で、自らの命と引き換えにもう1つの爆弾設置場所を佐藤美和子にメールで伝えました。

その直後に松田陣平刑事が乗っていた大観覧車のゴンドラは爆発し、多くの人達の命を救う代わりに自らの命を落としました…。

松田陣平刑事の命日は?

松田陣平刑事は初登場からすでに亡くなっていたということで命日はいつなの?という疑問がありました。

そこで早速松田陣平刑事の命日について調べてみると、原作(漫画)とアニメで命日が違うことが分かりました!

  • 原作(漫画)の命日:11月7日
  • アニメの命日:1月6日

ちなみに松田陣平刑事の命日が分かるシーンはこちらで見ることができます↓↓

  • 漫画:36巻 File8
  • アニメ:第304話 揺れる警視庁 1200万人の人質

ところでなぜ原作(漫画)とアニメで松田陣平刑事の命日が違うのでしょうか?

その理由については公式に発表されていない為、本当の理由は2021年11月現在では分かっていませんが…

  • 松田陣平刑事のモデルとなっている俳優の松田優作さんの命日に関係している
  • アニメの放送日が1月だった為、それに合わせて変更した

このような理由で松田陣平刑事のアニメでの命日が1月6日になっていると考察されています!

松田陣平刑事は実は生きてる?生存説の考察まとめ

松田陣平刑事の死因は【逃げ場のない大観覧車内での爆死】ということで、実は生きているという生存説については可能性はないと考えました。

ちなみに、もし生きていたとしたら多く人々を自らの命と引き換えに守ったという名シーンも台無しになってしまいますね。

なので松田陣平刑事が、まだ殉職する前の「警察学校編」は、生きている松田陣平刑事が見れる貴重な物語ですね。

是非、松田陣平刑事が登場する「警察学校編」を見逃さないようにして下さいね☆

最後までお読みいただきありがとうございました!

31日間無料で【映画・アニメ・ドラマ・雑誌】が見放題☆
<U-NEXT>今すぐ無料登録する
31日間無料で【映画・アニメ・ドラマ・雑誌】が見放題☆
<U-NEXT>今すぐ無料登録する