映画

魔女の宅急便のトンボは嫌い!でもかっこいいと言われる理由とは!?

本記事では魔女の宅急便のトンボは嫌い!でもかっこいいと言われる理由とは!?と題しまして

  • 魔女の宅急便のトンボは嫌いと言われる理由
  • トンボのかっこいいとも言われている理由
  • トンボの本名や性格

以上について紹介していきたいと思います。

魔女の宅急便のメガネの男の子「トンボ」のことを嫌いな人が凄く多いんです…!

なぜトンボは嫌いと言われてしまうのか?

そんな魔女の宅急便のトンボに焦点を当てて疑問を解決していきたいと思います!

魔女の宅急便のトンボは嫌い!

魔女の宅急便に登場しているメガネをかけた男の子「トンボ」。

そんなトンボには「嫌い!」という声が、魔女の宅急便を見た人から多く出ていました…!

中には「トンボが嫌い=魔女の宅急便も嫌い」となってしまった人もいるそうです…。

トンボ、嫌われすぎですね…笑

そんなトンボが嫌いと言われている理由は主に2つ。

  1. うざい
  2. 馴れ馴れしい

嫌いと言われる人の典型的な理由で、トンボは嫌われてしまっています。

具体的には一体どんな所が「うざいし、馴れ馴れしい」のかを解説していきたいと思います。

トンボが嫌いな理由①うざい

トンボが嫌いな理由として多くの声があったのが「とにかくうざい」ということ。

特にキキとの初対面のシーンでは、馴れ馴れしく話しかけていましたね。

「初対面なのにこんなに馴れ馴れしいのはうざいなあ…」と思った方もいたのではないでしょうか?

トンボがキキと初対面ではなく、すでに面識があって馴れ馴れしく話しかけたのならここまでうざいと思われることはなかったのかもしれませんね…。

実際にキキも怒って塩対応していたので、トンボの行動は嫌いと言われてしまってもしょうがないのかもしれません。

トンボが嫌いな理由②空気が読めない

とにかく空気が読めないのが「トンボ」という男の子ですね笑

キキとの初対面シーンでも空気を読めず、馴れ馴れしく話しかけてキキを怒らせていました。

その他にもトンボと空飛ぶ自転車でキキと海へ出るシーンでは、キキとトンボが良いムードになります。

しかし、そんな良いムードの途中で現れたのはトンボの友達。

友達はトンボのこと遊びに誘って、トンボも友達の誘いに乗ってしまいました…。

良いムードをぶち壊したトンボの友達はもちろんですが、その友達の誘いを受けてしまうトンボは本当に空気が読めない男だとわかるシーンでした。

また、トンボの友達の中にはキキが必死に運んだ「ニシンパイ」を嫌いと言った女の子も混じっていました。

それに関してはトンボは悪くありませんが、見ている人のトンボへの印象を下げたことは間違いありませんね…。

トンボはかっこいい?

嫌いという声が多いトンボですが、中には「トンボはかっこいいし好き!」という声もありました。

そんなトンボが、かっこいいと言われている理由はこの6つ。

  1. 素直
  2. 優しく気遣いができる
  3. 自身の短所を笑いに変える
  4. ピンチでも冷静
  5. コミュニケーション能力が高い
  6. 夢を叶える姿

空を飛ぶことが夢だったトンボは、飛行クラブで人力飛行機を作っていました。

そんな夢を持ったトンボの前に現れたのは、ほうきに乗って空を飛んでいたキキ。

普通ならそこで少し妬みの気持ちが生まれそうですが、トンボは素直に「かっこいい!」とキキに伝えていましたね。

また、キキが体調が悪く行くことできなかったパーティーについてトンボに謝ったシーンでは、逆にキキの仕事に対し優しく気遣っていました。

そして嫌いと言われて理由の一つでもある馴れ馴れしいという短所も、逆に考えると「コミュニケーション能力が高い」ということになります。

そんなコミュニケーション能力が高いトンボだからこそできたこと…。

それが、飛行船が時計台にぶつかりそうになったシーンでの冷静な判断とアドバイスですね。

もしトンボが普段から話すことを得意にしていなければ、ピンチでもしっかりとした対応はできなかったかもしれませんね。

最後には、自身の夢を叶えて人力飛行機で飛んでいたトンボ。

そんなトンボの姿を見て「トンボかっこいい!」と思った方も多いようです!

名言は?

トンボがかっこいい言われているのは、数々の名言があったからという理由もあります。

そんなトンボのかっこいい名言をまとめてみました。

<トンボのかっこいい名言> <名言シーン>
才能をいかした仕事だろ、素敵だよ。 トンボとキキの二人で自転車に乗りながら話すシーン
さすがは魔女だな、ぼくのおばあちゃんみたいだ キキを助けたが、逆に怒られたシーン

トンボの本名や年齢は?

嫌いという方が多い、魔女の宅急便に登場する男の子「トンボ」。

そんなトンボの名前は実はニックネームで…

本名は「コポリ」という名前でした。

なぜコポリが「トンボ」というニックネームになったのか気になりますね…。

しかしコポリのニックネームが「トンボになった由来」については明かされていませんでした。

またトンボの年齢は「14歳」だということは、魔女の宅急便の原作で明かされていました。

ちなみに主人公のキキの年齢は「13歳」なので、トンボより年下の設定になっています。

確かにトンボは子供過ぎず、大人過ぎない雰囲気だったので14歳という設定には納得できますね。

もしかしたらトンボはキキを同年代の女の子と気付いたから、あんなにも馴れ馴れしい話し方をしていたのかもしれませんね。

性格は?

トンボの性格はこれまでに紹介したように「とにかく優しい」の一言です!

そして気遣いもできるジェントルマンであり、交友関係も広く、コミュニケーション能力も高い男の子です。

本来ならば嫌いになられるような性格ではなさそうですよね…笑

しかし、たまに空気が読めない行動やうざいと思ってしまうほど馴れ馴れしい行動をしてしまいます。

そんな嫌な部分の性格が、良い部分を消してしまっているのかもしれませんね。

まとめ

最後に本記事魔女の宅急便のトンボは嫌い!でもかっこいいと言われる理由とは!?で紹介したことをまとめてみました。

❔魔女の宅急便のトンボが嫌いと言われている理由は?

  • トンボの「うざい」「馴れ馴れしい」行動を見て、トンボが嫌いになってしまった人が多くいました。

嫌いという声が多いトンボですが、性格は誰にでも好かれる性格でしたね!

ですが、結局悪い部分の方が印象が強すぎちゃったみたいですね…。

そんなトンボのいい部分も沢山あるので、是非魔女の宅急便を見返してみてください♪

最後までお読みいただきありがとうございました!