グルメ

大阪荒本エリアでサンドイッチを食べるなら「汎茶」で決まり!こだわりやメニューを紹介!

大阪には「キタ」「ミナミ」と言う非常に大きな繁華街があり、どちらも全国有数の飲食店激戦区なのは有名ですよね。

有名で美味しいお店が「普通」と見られる場所でもあり、それが激戦区と言われる由縁でもあります。

そんな激戦区の間にあるのが、大阪のビジネスの中心地である本町から30分圏内にある東大阪市荒本エリア。

荒本エリアは、有名で美味しいお店が普通レベルになっている「舌の肥えている人」を唸らせるような飲食店が多数点在する隠れスポットなんです!

この記事では、その舌が肥えている人達が好んで立ち寄る荒本エリアでも一番のおすすめの

荒本サンドイッチとランチ類とスイーツがとても充実しているお店「汎茶(ぱんさ)」についてあなただけに紹介しちゃいたいと思います!

大阪・荒本エリアにあるカフェとサンドイッチのお店「汎茶(ぱんさ)」

地下鉄中央線東行きで、生駒行きか学研奈良登美ヶ丘行きの電車に乗ると大体20分強で到着するのが荒本駅。

この荒本駅の地上行きエレベーターに乗って、地上に出ますと中央大通りの中央分離帯の大きなバージョンの所に出ることができます。

そこから左に曲がり、中央大通りの南側に出て、左手に見えてくるガストの奥見える右に曲がる小道を進みます。

その小道を大体80メートルくらい進んだ先の右側にあるお店が大阪・荒元エリアで絶対にお勧めしたいお店

「カフェとサンドイッチのお店「汎茶(ぱんさ)」です。

パン屋さんとカフェを1つにしたようなお店で、店内に入ってみるとカフェスペースやパンを売っているスペースと比べると明らかに大きいキッチンがあります。

このお店のカフェスペースでは、店内で買ったパン以外にも「汎茶(ぱんさ)」こんなオリジナルメニューを食べることができるんですよ。

  • 様々な種類のサンドイッチ(実はサンドイッチがメインのカフェ)
  • パンで作ったお茶碗にサラダを盛った「お茶碗サラダ」
  • トマトが丸ごと入っていて、そのトマトを潰しながら飲んでいく「トマト丸ごとスープ」

パンもサンドイッチやサラダやスープも全てこのお店のキッチンで作っているので、その分キッチンがとても大きいようです!

汎茶(ぱんさ)のこだわり

汎茶(ぱんさ)には大阪・荒元エリアの他のお店にはないようなこだわりが3つあります。

どのこだわりも一度知ってしまえば「汎茶(ぱんさ)」に今すぐ行きたくなるこだわりばかりです!

そんな汎茶(ぱんさ)の3つのこだわりをこっそり教えちゃいたいと思います!

こだわりその1:40種類以上の一度では食べきれない絶品パン!

汎茶(ぱんさ)ではサンドイッチにもお茶碗サラダにも食パンを使っています。

そのための食パンだけでも大量に焼いているのですが、これ以外にも40種類以上の菓子パン調理パンを毎日焼いているんです!!

ですが、種類が豊富なので一度来ただけでは食べたいパンを全部食べれないのが、少し残念なポイントです。

それでもどのパンも味は絶品なので、是非40種類以上のパンを全制覇してみて下さいね。

こだわりその2:ランチメニューが豊富!!

汎茶(ぱんさ)は朝から営業していてモーニングセットの幅が非常に広く、朝ご飯を食べたい時にもお勧めのお店です。

ただそのモーニングよりおすすめしたいのが、メニューがとても充実しているランチタイムです。

ランチタイム基本的なランチメニューは

  • このお店で自家製麺している生パスタを使ったスパゲティセット
  • サラダとパンまたはサンドイッチとドリンクのセット
  • トンカツか海老カツのどちらかを選べるカレーセット

他にもハンバーガーセット、ホットドッグセット、卵トーストセットなどなど。

その日のお腹の減り具合や気分でいくつものメニューから選べるのが魅力なんです!

こだわりその3:自家製の絶品デザート!

デザートにも手を抜くことがないのが「汎茶(ぱんさ)」のこだわりです!

自家製のデザートはどれも絶品で、食べた瞬間に幸せな気持ちになるのです…!

そんな汎茶(ぱんさ)の自家製絶品デザートはこちら↓↓

  • カカオとアーモンドの生地にチョコレートを閉じ込めたフォンダンショコラ
  • 自家製菓子パンのクイニーアマンの中にアイスクリームを閉じ込めたクイニーアイス
  • 自家製のメロンパンで作ったメロンパンのアイスクリームサンド
  • 自家製のワッフルにアイスクリームと生クリームをトッピングしたワッフルアイス

これらは一部ですが、スイーツ大好きな方でもきっと大満足になるメニューが並んでいます。

カフェとパンのお店なのにここまでデザートにこだわりを持っているお店は珍しいですよね…!

汎茶(ぱんさ)でおすすめしたいサンドイッチ

まず初めに正直に言います!!

汎茶(ぱんさ)でおすすめしたいサンドイッチは「全部です」!!

レギュラーで並んでいる代表的なサンドイッチである「卵サンド、海老カツタルタルサンド、カツサンド、ハムチーズサンド」。

実際に食べてみると、瞬時に「はっ」とするほど美味しいです!!

美味しいのには実はそれなりの訳がありますが、それぞれの魅力を教えちゃいたいと思います。

  • 卵サンド

契約農家から毎日仕入れる卵を茹で卵にしてこれに選び抜いた岩塩と、その卵で作った自家製マヨネーズで具を作るほど徹底しています。

  • 海老カツタルタルサンドも

卵サンドをを作るための具をベースにしたタルタルソースと自家製海老カツの相性が最高で「ここでしか食べられないサンドイッチ」です。

食べる人が「はっ」とするくらいのレベルの海老カツタルタルサンドに使う絶品タルタルソース。

これは私などでは計り知ることも出来ないくらい研究を積み重ねて来られたでしょうから、「汎茶の海老カツタルタルサンド」は、容易に他のお店では真似ができない訳です。

  • カツサンド

三元豚をお店のキッチンで揚げて作ったトンカツを使っていて「これが本当のカツサンドの味なんだよな」と「感じる」事は間違いありません。

  • ハムチーズサンド

選び抜いたハムとボローニャソーセージとチェダーチーズを使っているサンドイッチで、最初は「普通にサンドイッチだな」としか思いません。

ただ、なぜか「あのサンドイッチ食べたいな」と汎茶(ぱんさ)のハムチーズサンドを思い出してしまうんです。

そして今度は毎週1回では飽き足らないように感じて、このサンドイッチを食べるために通い詰めてしまいます!

どのサンドイッチにも魅力があるのは分かってもらえたと思いますが、強いて「どれか1つお勧めを挙げてよ!」と言うなら

「カツサンド」を個人的にはおすすめしたいです!

なぜなら汎茶(ぱんさ)では、いつでも出来立てのカツサンドを提供してくれるからです。

店内でカツサンドとコーヒーでランチタイムにしたい時やテイクアウトにしたい時カツサンドのストックがない…。

そんな時でも店員さんが「今からカツを揚げますのでしばらくお時間は大丈夫でしょうか?」と聞いてくれます。

そして本当にそれからトンカツを揚げてカツサンドを作ってくれますので「本当の出来立てカツサンド」をいつでも気軽に食べる事ができます。

やはり出来立てはどのサンドイッチにも勝る魅力ですので、汎茶(ぱんさ)に行ったら是非「カツサンド」を食べてみて下さいね。

一番のおすすめはサンドイッチじゃない!

これまでサンドイッチについてお話ししてきましたが、実は「汎茶で一番のお勧め」はサンドイッチじゃありません。

えっ…どうゆうこと?

さすがにそう思いますよね(笑)

汎茶(ぱんさ)サンドイッチが低レベルなわけではないことは、ここまで読んでくださった皆さんなら容易にご納得して頂けるでしょう。

ですが実はこれらのサンドイッチよりも「絶対にお勧めしたい!!」と断言する別メニューがあるんです。

その名は

「女王様のシュークリーム」

まず一旦「シュークリームとはこう言うものだ」と言う「固定概念」を捨ててください。

この「女王様のシュークリーム」非常に薄いパイ生地を幾重にも重ねて焼いた生地が使われています。

そこに卵サンドイッチを作るのと同じ卵で作ったカスタードクリームと生クリームがたっぷりと挟んであるんです!

そしてその上からパウダーシュガーをたっぷりと振りかけ完成するのが、「女王様のシュークリーム」。

非常に薄いパイ生地のサクサク感とクリームの相性があまりにも良くって、「毎日食べたくなるスイーツ」である事を断言します。

また「女王様のシュークリーム」には別の特徴として「飲み物を選ばない」と言う魅力があります。

どうゆうことかと言いますと、私自身がこのシュークリームをテイクアウトして

  • 日本の名店のコーヒー豆4種類で作ったコーヒー
  • フォションやエディアールの茶葉で作った紅茶
  • 玉露
  • 静岡型のほうじ茶
  • ミネラルウォーター数種類

この汎茶(ぱんさ)にある飲み物といっしょにそれぞれ「女王様のシュークリーム」を食べて比較してみました。

その結果

「どの飲み物と組み合わせても美味しさが変わらない」と言う「そう簡単には実現できないこと」を実現しているシュークリームだということが分かったんです!!

私自身スイーツに関しては貪欲なので、様々な名店のケーキやシュークリームを食べていますが、この「女王様のシュークリーム」に並ぶレベルのスイーツにはまだ出会っていません!!

最後に

どうやって文章にしても、このお店の本当の良さは伝わらないかもしれません。

理由は「このお店の空気感」「このお店に入って初めて感じるもの」は文章だけでは伝える事ができないからです。

「気軽に行けるお店なのに、全ての質が高い」

こう言う種類のお店は、地元の人の根強い人気があって初めて成り立つお店です。

また荒本駅近辺には「美味しいお店」がいくつも点在していて地元の人達の「舌が肥えて」います。

実際に汎茶(ぱんさ)に行ってカフェスペースでランチを食べてみると「感じる」事なのですが「地元荒本の皆さんがこのお店を大切にしている」空気感が伝わってきます。

なのでどうか一度自ら足を運んで汎茶(ぱんさ)を感じてみてください。

そして「汎茶(ぱんさ)を感じる」事ができてからまたこの記事を読み返してみてくださいね。