MENU
打ち切り

スラムダンクの打ち切りの理由は?最終回がひどい理由についても

本記事では「スラムダンク打ち切りの理由は?最終回がひどい理由についても」と題しまして

  • スラムダンクの漫画とアニメの打ち切りの理由は何なのか?
  • スラムダンクの最終回がひどい理由は?

以上について紹介していきたいと思います。

スラムダンクは1990年から1996年まで、週刊少年ジャンプの人気漫画として連載されきた大ヒット作品。

アニメの放送も原作に沿って、最終回まで放送されました。

漫画もアニメも大人気のスラムダンクですが、打ち切りされたという噂や、最終回がひどい、という声があちこちで見られます。

大人気の作品だけに、このような声は気になりますよね。

この記事では、そんな気になる打ち切りの理由や最終回がひどいと言われる理由、さらに、最終回のその後について、まとめて紹介していきたいと思います!

漫画・アニメの打ち切りの理由まとめ!!あの名作がなぜ!?を徹底調査!!本記事では「漫画・アニメの打ち切りの理由まとめ!!あの名作がなぜ!?を徹底調査!!」と題しまして 打ち切りになる作品の特徴...

スラムダンクの打ち切りの理由は?

引用元:dアニメストア

スラムダンクを見ていくと、漫画もアニメもどちらも中途半端に終わっていると感じてしまいます。

この消化不良な感じは何だろう、この終わり方だと、スラムダンクは打ち切りになったのかな?と思わずにはいられません。

スラムダンクの漫画とアニメの打ち切りの理由は何だろう…?という疑問にお答えすると、

  • 漫画の打ち切りの理由は、作者の強い意向。
  • アニメの打ち切りの理由は、編集部とのトラブル。

スラムダンクの漫画とアニメが終わった当時、様々な情報や噂が飛び交いました。

最終的には、どちらの打ち切り理由にも、作者の井上雄彦先生の強い意向が関係していると分かってきました。

スラムダンクの漫画とアニメの打ち切りの理由について、詳しく見ていきましょう!

スラムダンクの漫画の打ち切りの理由は?

スラムダンクの単行本は31巻まで発売されており、週刊少年ジャンプでは、1990年42号から1996年27号の全276話まで連載されています。

週刊少年ジャンプの表紙を飾り、巻頭カラーになるほどの人気漫画の、気になる打ち切り理由を紹介します。

漫画スラムダンクの打ち切り理由は「作者の強い意向」でした。

作者の井上雄彦先生は、とある対談本の中で、スラムダンクの掲載終了についてこう語っています。

『ある程度、支持を得られた作品であれば終わり方もちゃんとしなければならない』

『どんどんだめになっていってというのが絶対嫌だった』

『「もう何も出ません」で終わりたくなかった』

『人気が出なければ自分の意志とは関係なく切られる。人気が出たなら終わりも自分で決められるというのは当然いえるはず』

井上雄彦先生は、作品の終わり方についても自分なりの強い考えを持っていたことが分かります。

版権トラブルもあった?

スラムダンク作者の井上雄彦先生の関係者と編集部の間で、版権トラブルがあったという話もあります。

「版権」とは、著作物の販売等に関して専有する権利の事を言いますが、広い意味で著作権と捉えてくださいね。

ゲーム制作の版権について、何らかのトラブルが発生したと言われてきます。

その結果、スラムダンクを発行している集英社の幹部から、「連載中止」の声が挙がった為掲載終了が決まったという説もあります。

しかし、これはあくまで噂なので証拠はありませんが、このようなトラブルも原因のひとつとして見られています。

スラムダンクのアニメの打ち切りの理由は?

引用元:dアニメストア

スラムダンクのアニメは、漫画より少ない全101話まで放送されました。

漫画と同様に人気を博していたアニメなので、打ち切りの理由が気になりますよね。

アニメ「スラムダンク」の打ち切り理由は、編集部とのトラブルでした。

井上雄彦先生は、テレビ出演時、スラムダンクの掲載終了について以下のようなコメントを残しています。

『インターハイの組み合わせを作った時点で山王戦が最後と決めていた』

『前の試合よりもつまんない試合は絶対描きたくない』

『山王戦より面白い試合は描けないと思っていた』

井上雄彦先生は、「山王戦」を最後にしようと考えていましたが、それに編集部が反対していたそうです。

スラムダンクの数ある名試合の中で、「山王戦」は伝説回と言われるほどの最高傑作。

編集部として、人気絶頂の作品を終わりにしたくないと考えるのは当然でしょう。

しかし、井上雄彦先生の『山王戦が最後』という強い意向があったために物語は終了となりました。

そうなると、アニメは漫画に沿って制作されるので、漫画の内容と番組編成の時期にも合わせなければなりません。

アニメは、最終回に続く5話分がオリジナルで作られ、打ち切りとなりました。

視聴率の低下も原因?

アニメ「スラムダンク」の打ち切り理由として視聴率の低下が、原因であった可能性があったそうです。

視聴率の低下といっても、スラムダンクの人気低下による視聴率低下ではありません。

当時、スラムダンクの裏番組「筋肉番付」が始まったことによる視聴率低下と言われています。

「筋肉番付」は、スポーツ界の有名人や一般のスポーツマンたちが賞金を懸けて様々な難題に挑戦するという人気番組。

もともと深夜に放送していたのですが、スラムダンクと同じく土曜日のゴールデンタイムに変わり、それがアニメのスラムダンク打ち切りの要因の1つになりました。

スラムダンクの最終回がひどい理由は?

スラムダンクの最終回のネタバレを含みますので、ご注意ください。

大人気作品のスラムダンクですが、その最終回がひどい、という声も多く見られます。

アニメスラムダンクは、コミックス22巻で終了しましたが、なぜスラムダンクの最終回はひどいと言われるのでしょうか?

その疑問にお答えすると…

スラムダンクの最終回がひどいと言われている理由は
盛り上がり絶頂の「山王戦」後が描かれなかったから。

漫画スラムダンクの最終回は「山王戦」で最高の盛り上がりを見せたので、さあ、この次はどうなる!?と読者の心を引き付けました。

それなのに、突然の漫画スラムダンクの最終回。

「え…っ」と多くの読者は驚き、放心状態になったのです。

スラムダンク最終回の漫画とアニメでは違いがある?

漫画スラムダンクの最終章は、優勝候補にあげられていた王者「山王工業」に、奇跡の大逆転を果たした湘北高校のストーリー。

湘北高校のムードはこれまでにない最高の状態で、そのまま「愛知学院」との3回戦に突入。

しかし、湘北高校は、ウソのようにボロ負けをしました…。

最終回は、インターハイが終わった湘北高校のバスケ部。

主人公の桜木花道は学校を休み、病院で背中の治療に専念しています。

バスケ部のマネージャーとなった赤木春子から桜木に送られる手紙を通して、エピローグが描かれていきます。

さらにアニメの最終回は、インターハイ出場を決めるまでしか描かれていません。

インターハイに出場するぞ!というところで最終回を迎えているので、こちらも、これで終りなの?とファンを驚かせました。

これまでの激闘があっさりと終わり、あっけなく最終回となってしまったので、漫画もアニメも最終回がひどい、と言われるのでしょうね。

しかし、漫画もアニメも前向きに明るい最終回だったので、希望が持てるストーリーです。

これからどうなるのか想像が膨らむ一方、いつかこの続きが見られるかな、と期待もできますよね。

スラムダンクの最終回のその後は?

最終回に賛否両論がありながらも、連載終了から20年以上経った今でも人気のスラムダンク。

色々な想像を掻き立てる最終回でしたが、実は最終回のその後が描かれているんです!

最終回のその後って何だろう…という疑問にお答えしますと

  • 2004年にイベントで最終回から10日後が描かれた。
  • 2022年12月にスラムダンクの映画公開が決定した。

スラムダンクの、あの驚きの最終回の後があるなら知りたいですよね。

どのような内容なのか、詳しくみていきましょう!

最終回から10日後が描かれた!

漫画の連載が終わり、2004年12月に、井上雄彦先生がスラムダンク最終回から10日後を描くイベントが行われました。

廃校になった神奈川県立三崎高校の黒板にイラストを描く、という大変注目されたイベントです。

黒板に描かれた、最終回から10日後はどのような内容かというと、

バスケ部のメンバーたち、それぞれの進路、目標が分かります。

「桜木花道」の10日後

リハビリ王としてリハビリ界に君臨している。

「流川楓」の10日後

留学を目指し英語の勉強をしている。

「三井寿」の10日後

大学推薦を目指しいるが、勉強不足を後悔している。

「宮城リョータ」の10日後

鬼キャプテンを目指し、「リーダー」に関する本を読んでいる。

「赤木剛憲」の10日後

バスケをしたくて震えている。

などなど、その他のメンバーも描かれており、最終回から10日後の様子が楽しめる内容となっています。

もちろん、実際漫画で読みたい気持ちもありますが、読者それぞれの想像に任せて楽しんでもらう、という計らいも良いものですよね!

最終回から10日後のストーリーは、「スラムダンクあれから10日後 完全版」という書籍も発売されました。

詳しく見たい方は、書籍で内容をチェックしてみてくださいね♪

スラムダンクの続編映画が決定!

ファン待望、初のスラムダンクの続編映画が公開されることが決定しました!

作者の井上雄彦先生のTwitterで「映画になります!」と発表されました。

スラムダンクの続編映画の公開日は2022年12月3日。

あらすじはまだ公表されていませんが、「山王戦」が描かれるのでは?と期待されています。

アニメはインターハイ出場前で終わっているので、「山王戦」は放送されていません。

そのような理由から、あの激闘の「山王戦」を望む声が多く挙がっています。

漫画の続きや「山王戦」の続きではないかもしれませんが、スラムダンクを映画館で見られるのは興奮しますよね♪

これからどんどん詳細が明かされていくと思うので、楽しみに待ちましょう!

まとめ

最後に本記事「スラムダンクの打ち切りの理由は?最終回がひどい理由についても」で紹介したことをおさらいしていきましょう。

❔スラムダンクの漫画とアニメの打ち切りの理由は何なのか?

  • 漫画の打ち切りの理由は「作者の強い意向」。
  • アニメの打ち切りの理由は「編集部とのトラブル」。

❔スラムダンクの最終回がひどい理由は?

  • 盛り上がり絶頂の「山王戦」後が描かれなかったから。

スラムダンク打ち切りの理由は、色々な噂や情報が飛び交っていますが、一番は作者の井上雄彦先生の強い意向が関係しています。

最終回がひどい、この終わり方が良かった、と賛否両論ですが、それも人気作品の宿命。

結果として井上雄彦先生の意向通りの結果となり、愛され続ける作品になりましたよね。

2022年12月に公開される映画でも、また新たな魅力が発見できるかもしれません。

何度読んでも楽しめるスラムダンクなので、これからも多くの方に読んでほしいと思います♪

最後までお読みいただきありがとうございました!

動画配信サービスは結局どれを使うのがいいの?人気6社を徹底比較!
<動画配信サービス>人気6社の比較を今すぐ見る
動画配信サービスは結局どれを使うのがいいの?人気6社を徹底比較!
<動画配信サービス>人気6社の比較を今すぐ見る