SPY×FAMILY PR

スパイファミリー|ボンドは死亡してしまう!?犬種や何歳など正体についても徹底解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

本記事では「スパイファミリー|ボンドは死亡してしまう!?犬種や何歳など正体についても徹底解説!」と題しまして

  • ボンドは死亡してしまうのか
  • ボンドの正体は一体何なのか

以上について紹介していきたいと思います。

「スパイファミリー」の作中にて、フォージャー家のペットとして飼われているボンド。

一時期ボンドの死亡説がネットで流れ、ファンの間に衝撃が走りました!

一体どうしてボンドが死亡すると噂されていたのでしょうか。

今回はボンドが本当に死亡するのか、そしてボンドの正体についてご紹介していきます!

これからスパイファミリーの漫画を買って読もうと思っている方には電子書籍サービスがおすすめです♩

電子書籍のメリット

  • 漫画や小説が40〜90%オフで買って読める
  • 5分以内の簡単無料登録で今すぐ読める
  • 場所を選ばず、いつでもどこでも読める

紙の漫画・小説にこだわりがなくて、できるだけ好きな漫画を安く読みたい

という方は、【知らないと損!】スパイファミリーの漫画を40〜90%OFFで買って読める電子書籍サービスを分かりやすく解説!を合わせてご覧下さい。

【知らないと損!】スパイファミリーの漫画を最大90%OFFで買って読める電子書籍サービスをわかりやすく解説! スパイファミリーの漫画がほしいけど買うと高いからなあ…。 スパイファミリーの漫画を安く買える方法ってないのかな…? ...

スパイファミリー|ボンドは死亡してしまう!?

「スパイファミリー」のボンドは、ネット上で死亡してしまうのではないかと噂されていました。

死亡する噂が立った経緯も気になりますが、もしかするとボンドは本当に死亡してしまうのでしょうか…?

その答えを先にお伝えすると…

スパイファミリーのボンドは
死亡しない!!

ネットの噂とは裏腹にボンドは死亡しませんでした!

ですが、理由もなくボンドが死亡すると噂されたわけでなく、ちゃんと経緯があります…!

ここからはボンドが死亡すると噂された理由について解説していきます!

死亡すると噂された理由は?

では、どうしてどうしてボンドが死亡すると噂されていたのでしょうか?

実は「スパイファミリー」にて、ボンドが死亡するシーンは実際に描かれていたのです!

しかし、ボンドは本当に死亡したわけではありません。

実際に「スパイファミリー」ではボンドの死亡シーンの描写があり、勘違いした読者が続出した結果、ボンドの死亡説が独り歩きしてしまったのです。

ボンドは死亡してないのに、なぜ死亡した描写があるのか不思議に思いませんか?

ボンドが死亡したシーンが描かれたのには、ボンドの特殊能力である「未来予知」が関係してきます。

ボンドの特殊能力・未来予知に関係がある!

「スパイファミリー」のフォージャー家は全員が本当の正体や能力を隠して共に暮らしている不思議な家族です。

そしてボンドも例に漏れず、特殊能力を持っています。

ボンドの特殊能力は、未来に起こる事柄を予知する未来予知のことです。

つまり、ボンドの見た未来予知の中にボンドが死亡してしまうシーンが存在するのです。

未来予知では死亡するボンド、でも実際には危機を乗り越え死亡していない、ようやくつじつまが合いましたね!

ちなみに、ボンドは未来予知によって数多くの危機を乗り越えてきました。

ボンドの初登場時には未来予知が大活躍、その後も未来予知によりフォージャー家の危機を回避できました。

時にはロイド・フォージャーの娘であるアーニャと協力し危機を乗り越えるなんてことも。

それでは、ボンドの未来予知で死亡するシーンは一体どんな回だったのでしょう。

ボンドの死因は意外なアレ…!?

ボンドの未来予知で死亡するシーンは、漫画「SPY×FAMILY」第7巻40話で見ることができます。

ボンドとアーニャが家でのんびりすごしていると、ボンドの未来予知が発動し命を脅かす危機を察知します…。

原因はなんと、ヨルさんの晩御飯!

ヨルさんの晩御飯を詰まらせて?それとも犬が食べてはいけないもの?いいえ、ヨルさんの晩御飯がゲテモノだからです!

さすがに晩御飯で死にたくないボンドは、ロイドに晩御飯を作ってもらうため急遽ロイドの元へ向かいます。

犬の嗅覚を使ってなんとかロイドの元へたどり着くことができたボンド。

ですがロイドの場所を突き止めたは良いものの、ロイドは任務中ですぐには家に帰れない状態でした。

なんとしてでもボンドはロイドに手料理を作ってもらうため、ロイドの任務を手助けをすることに。

結果としてボンドはロイドの任務の手助けに成功し、ロイドはその見返りとして晩御飯を作ると宣言してくれたのです。

ボンドは無事に死亡する未来を幸せな家庭がつづく未来へ変えることができました。

それにしても、ヨルさんの手料理は死ぬほどやばいのでしょうか…。

ちなみにロイドが手掛けていた任務の内容は新型の自白剤を奪取するというものです。

スパイのプロであるロイドなら簡単かと思われましたが、自白剤の場所が分からず意外に苦戦します。

ですが、かけつけたボンドのおかげで自白剤を見つけることができました!

ロイドを手助けするボンドが活躍したシーンも必見です!

「スパイファミリー」ボンドの正体は何!?

ボンドは死亡する未来を変えることに成功しましたが、未来予知は普通の犬には出来ないことです。

いったい、ボンドの正体とは何なのでしょうか?

その答えを先にお伝えすると…

スパイファミリーのボンドの正体は
プロジェクト<アップル>の被験体!

ボンドは軍事利用を目的とした高い知能を持つ犬の養成計画に参加していた被験体でした。

ボンドは様々な実験を繰り返された結果、未来が予知できる犬になったのです。

それでは、ボンドの詳細について紹介してまいります!

プロジェクト<アップル>とは?

ボンドが参加していたプロジェクト<アップル>とは一体何なのでしょうか?

プロジェクト<アップル>はスパイファミリーの戦争時代に結成されていた東の政権が企てた計画のことです。

計画の内容は知能の高い犬を軍事利用し戦争を有利に進めるとともに、犬を売り金儲けするといったもの。

少し補足ですが、現在のスパイファミリーの舞台は簡単に言うと東の国と西の国が戦争が終結した状態です。

終戦してたといっても仮初の平和がつづいているだけで、現在は冷戦状態。

金儲けのため平和を崩さんとする東の国の主要人物が現れます。

そして東の国の主要人物を何とかしたいのが西の国の黄昏(ロイド・フォージャー)といった感じです。

ボンドが被験体となっていたプロジェクト<アップル>は、戦争が終結したため計画は頓挫。

残ったのは知能の高い犬だけで、犬のほとんどは資金源となる闇の市場に売りさばかれてしまいます。

ボンドも売りさばかれたうちの一匹となっており、なんとテロリストに購入され爆弾テロに利用されようとしていました。

テロリストは政治家を爆撃するために知能の高い犬を買い、爆弾を背負った犬を単身突撃させるつもりだったようです。

ボンドは爆撃テロに利用され、あと一歩で命を落とすところをロイドに救われます。

そうしてロイドと出会い、アーニャによって飼われたのです。

実験体となったボンドは不幸ではありますが、優しいフォージャー家に飼われたことはまず幸福なことでしょう。

そして偶然得た未来を予知する能力をフォージャー一家のために使えるのでボンドも幸せなのではないでしょうか。

ここからは未来が予知できるボンドの見た目や年齢といった詳細について紹介してまいります!

ボンドの犬種は何?

それでは最初に、ボンドの犬種は一体何なのでしょうか?

結論から言わせていただくと特に犬種はないです!

犬種がないという情報は作者からで、スパイファミリー第4巻のカバー裏に書かれています。

しかしながら、作者はグレートピレニーズという犬種を参考に書いているとのことで、強いて言えばボンドの犬種はグレートピレニーズでしょう。

ボンドの特徴として大型犬で白いモフモフ毛、そして手足の黒い毛があります。

実際、グレートピレニーズはモフモフの白い毛に大型犬でボンドの特徴と一致しています。

ボンドはどんな鳴き声なの?

ボンドの鳴き声はどういったものなのでしょうか?

想像できるものであれば、犬なのでワンワンが一般的です。

ところが、ボンドの鳴き声はワンワンではなく、ボフッ!ボフッ!と力強く鳴きます。

ボンドの特徴的な鳴き声は若干風邪をひいているかのようですが、アニメで聞いてみると見事に再現されており、しっくりきます。

ちなみにボンドは基本ボフッ!という鳴き声でコミュニケーションを取りますが、表情や感情も豊かで分かりやすい性格のようです。

ボンドは何歳なの?

ボンドの年齢は一体いくつなのでしょうか?

実はボンドの年齢は現在は公開されておらず不明となっております。

ボンドは大型犬なので体が大きく、鳴き声もボフッ!という子供に出せない鳴き声なことから子供でないことは分かります。

また「スパイファミリー」で、ボンドの見た目から年齢はかなり上の方と言われていたので一応老犬?のようです。

大型犬は5~6歳からシニア判定となるそうで、ボンドが老犬であればそれ以上ということになりますね。

ちなみに大型犬の5歳が人間でいうところの40歳、6歳で47歳とのことです。

ボンドはアーニャのままごとにつきあうなど大人な対応もわきまえているので、やはり5~6歳のシニア犬なのでしょう。

ボンドの声優は誰?

アニメ「スパイファミリー」のボンドの声優さんはどなたなのでしょうか?

ボフッ!という特徴的な鳴き声を見事に表現しているボンド役の声優さんは松田健一郎(まつだけんいちろう)さんです。

松田健一郎さんはこれまで白い大きな犬を何度か演じられていたそうで、白い大きな犬とは不思議な縁があるとのこと!

因みに、松田健一郎さんが演じる白い犬の役は「キノの旅」の陸「バトルスピリッツ覇王(ヒーローズ)」のサファリです。

白い犬の役で3作品も出演されているのは確かに不思議な縁ですね。

アニメ「スパイファミリー」で松田健一郎さんはボンド役としての独特な鳴き声の他、ナレーション役の二役を演じられています。

ナレーションの時の渋い声と、ボンドのときの犬感のある声、どちらも推せる名声優さんです!

ボンドがかわいいと言われる理由は?

ボンドがかわいいと言われる理由はなんなのでしょうか?

犬という時点で愛らしい存在のため、ボンドがかわいいというのは確かにわかる話です。

また、ボンドというキャラクターは未来が分かるというアイデンティティが目立ちますが、かわいい所も負けていません!

ボンドのチャームポイントはつぶらな瞳、蝶ネクタイ、手足の黒と体毛の白のコントラストなど挙げるときりがないです。

しかし、なんといってもボンドの一番かわいいところはフォージャー家を想う気持ちにあるのではないでしょうか。

ボンドが死亡する未来を回避するためロイドを探しに必死に奔走するシーン。

ボンドが必死に奔走していたのは、家族の悲しむ姿を見たくないがためだったのです。

これまで実験体として扱われていたボンドにとってフォージャー家はようやく手に入れた自分の居場所。

大切な居場所を守るため、大きな出来事から小さな出来事まで日々頑張るボンドの姿に読者はかわいいと思わざるをえないでしょう。

まとめ

最後に本記事「スパイファミリーのボンドは死亡してしまう!?犬種や何歳など正体についても徹底解説!」で紹介したことをおさらいしていきましょう。

❔スパイファミリーのボンドは死亡してしまうの?

  • ボンドは自身の能力・未来予知のおかげで死亡しなかった!
  • 実はボンドが未来予知で死亡した原因はヨルの手料理のせいだった!

❔スパイファミリーのボンドの正体は何?

  • ボンドの正体はプロジェクト<アップル>の被験体!

「スパイファミリー」のボンドについて紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか?

ボンドが死亡しなかったことや、ボンドの魅力について知っていただけたのであれば幸いです。

これからスパイファミリーの漫画を買って読もうと思っている方には電子書籍サービスがおすすめです♩

電子書籍のメリット

  • 漫画や小説が40〜90%オフで買って読める
  • 5分以内の簡単無料登録で今すぐ読める
  • 場所を選ばず、いつでもどこでも読める

紙の漫画・小説にこだわりがなくて、できるだけ好きな漫画を安く読みたい

という方は、【知らないと損!】スパイファミリーの漫画を40〜90%OFFで買って読める電子書籍サービスを分かりやすく解説!を合わせてご覧下さい。

【知らないと損!】スパイファミリーの漫画を最大90%OFFで買って読める電子書籍サービスをわかりやすく解説! スパイファミリーの漫画がほしいけど買うと高いからなあ…。 スパイファミリーの漫画を安く買える方法ってないのかな…? ...

「スパイファミリー」キャラクター別関連記事

気になる疑問を押すと記事に飛べるよ☆
キャラクターの関連記事はこちら
ロイド・フォージャー
アーニャ・フォージャー
ヨル・フォージャー
フランキー・フランクリン
ユーリ・ブライア
帷(とばり)
ダミアン・デズモンド
ベッキー・ブラックベル
ガーデンの店長
カミラ
シルヴィア・シャーウッド
(ハンドラー)
メリンダ・デズモンド
物語や作品に関する関連記事はこちら
漫画
アニメ
映画
その他

最後までお読みいただきありがとうございました!