映画

【スターウォーズ】ルークは本当に死亡したの?エピソード9で再登場の可能性は?

本記事では【スターウォーズ】ルークは本当に死亡したの?エピソード9で再登場の可能性は?と題しまして

  • ルークは本当に死亡したのか?
  • エピソード9/スカイウォーカーの夜明けでルークは再登場するのか?

以上について紹介していきたいと思います。

スターウォーズエピソード8/最後のジェダイで死亡してしまったルーク・スカイウォーカー。

ですがそんなルークの死に方には疑問が多く、本当にルークは死亡したの?という声が多くありました。

そこでルークの死亡の真相に焦点を当てて解説していきたいと思います。

\スターウォーズを見るならU-NEXTがおすすめ/

スターウォーズを見るなら<U-NEXT>

*初回登録で31日間無料

*ポイント利用でレンタル実質無料

【スターウォーズ】ルークは本当に死亡したの?

スターウォーズ/最後のジェダイでレジスタンスとファーストオーダーの戦いの中、カイロ・レンと一騎打ちになったルーク・スカイウォーカー。

その一騎打ちでカイロ・レンはライトセイバーでルークを斬りました。

ですが斬られたルークの正体は、実はフォースで作られた分身…。

その後ルークはマントだけ残して消えてしまいました。

レイはそんな消えたルークのことを死亡したと考え、レイヤにルークが死亡したことを伝えました。

このシーンを見て、ルークは分身が消えただけで本当に死亡したのか気になった方もいるのではないでしょうか?

その結論を先にお伝えすると、残念ながらルークの死亡は本当です。

しかし、なぜルークは分身が消えただけで死亡したということになってしまったのか?

その答えはルークが「フォースと一体化になる術」を使えたことが理由になります。

実はこの消えるように死亡してしまうのはルークが初めてではなく、ヨーダとオビワンも同じように消えて死亡しています。

>>ルークが使った「フォースと一体化になる術」の詳細はこちら

ルークがフォースと一体化したのはカイロレンを導くため!?

ルークが一騎打ちをしたカイロレンは、その時すでにルークより強い存在でした。

そこでルークが考えたのが、フォースと一体化し分身となることでカイロ・レンあることを伝える事でした。

ルークがカイロ・レン伝えたかったことは、「弱さと愚かさ、そして失敗を教えること」

ルークは、カイロレンを闇落ちさせてしまったこと後悔していました。

そんな時に現れたかつての師「ヨーダ」から「弱さと愚かさ、そして失敗を教えること」を伝えていないことを怒られたルーク。

そしてフォースと一体化し、分身となることでカイロレンに直接伝えたかったことを伝えたルーク。

ルークは、かつて伝えられなかったことを伝えたことで、カイロ・レンをライトサイドに戻そうとしたのかもしれませんね。

【エピソード9】スカイウォーカーの夜明けで再登場の可能性は?

フォースと一体化し消えたルーク。

ですが、ルークは霊体として存在することができるので現実世界に現れることができます。

そこで気になるのが「エピソード9/スカイウォーカーの夜明け」でルークが再登場するのかということ。

結論を先にお伝えすると…

ルークがエピソード9/スカイウォーカーの夜明けに再登場する可能性は十分考えられます!

その理由は、同じくフォースと一体化したオビワンやヨーダが霊体としてルークにアドバイスしていたからです。

なので同じように霊体として再登場し、レイやカイロ・レンの前に再登場する可能性は十分考えられます。

特にレイとは喧嘩別れになってしまっているので、是非再登場して仲直りしてほしいですよね…!

まとめ

最後に本記事【スターウォーズ】ルークは本当に死亡したの?エピソード9で再登場の可能性についても!で紹介したことをまとめてみました。

ルークは本当に死亡したの?

  • ルークはフォースと一体化したことにより、本当に死亡してしまいました。

エピソード9/スカイウォーカーの夜明けで再登場の可能性は?

  • ルークと同じ死に方をしたヨーダやオビワンがその後も霊体として登場していることから、ルークの再登場の可能性は十分考えられます!

ルークが死亡してしまったのは残念でしたね…。

ですが、エピソード9で再登場の可能性は十分考えられるとのことなので期待しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!