雑記

国葬の当日は休み(祝日)になる?一般人が参列できるのかについても調べてみた

本記事では「国葬の当日は休み(祝日)になる?一般人が参列できるのかについても調べてみた」と題しまして

  • 国葬の当日は休み(祝日)になるのか?
  • 過去の国葬は休み(祝日)になっているのか?
  • 国葬・国民葬・合同葬の違いについて
  • 国葬に一般人は参列できるのか?

以上について紹介していきたいと思います。

国葬の当日は休み(祝日)になるの?

2022年7月8日の演説中に銃撃されて亡くなってしまった安倍晋三元総理の国葬が、2022年秋に実施されることが、岸田文雄総理から発表されました。

ちなみに国葬には賛否両論の声が多く挙がっていますが、安倍晋三元総理の国葬が行われるのは間違いなさそうです。

そこで気になるのが「安倍晋三元総理の国葬の当日は休みになるの?」ということです。

ではまず、国葬の当日は休みになるのかその答えを先にお伝えすると…

安倍晋三元総理の国葬の当日は休み(祝日)になる可能性がある!

このような結論になりました。

ですがこの結論は、安倍晋三元総理の国葬の当日が休みになるのかについては、まだ正確な情報がないので、あくまで予想であり可能性としての結論です。

では、なぜ安倍晋三元総理の国葬の当日は休みになる可能性があるのかという結論になったのか?

その理由は、過去に国葬の当日が休み(祝日)になったことがあるからです!

過去の国葬の日の休みは?

安倍晋三元総理の国葬の当日は休み(祝日)になる可能性がある理由として「過去に国葬の当日が休み(祝日)になったことがあるから」とお伝えしました。

その過去の国葬で当日が休み(祝日)になった日とは「昭和天皇の国葬」です。

昭和天皇の国葬である「大喪の礼」は、1989年(平成元年)2月24日に行われ、当日は「大喪の礼」として祝日となっていました。

ちなみに昭和天皇の国葬の日は、テレビで国葬の模様が流され、他の番組は放送されなかったようです…!

もし安倍晋三元総理の国葬の当日が休み(祝日)になった場合は、テレビでも国葬の模様が中継される可能性が高いと考えられますね。

近年は国葬は休みになっていない!?

昭和天皇の国葬の当日は休み(祝日)になっていたことが分かりました。

ですが、近年では内閣と自民党による「合同葬」となっており「合同葬」や「国民葬」の当日は休み(祝日)にはなっていません。

なので、現在は国葬という形で行われることが発表されている安倍晋三元総理の葬儀。

ですが、今後「合同葬」や「国民葬」に変わった場合は、近年の傾向と同じく国葬の当日は休みにはならない可能性が高いです。

ですが、外国首脳を含む国際社会から高い評価を受けていた安倍晋三元総理の国葬なので、昭和天皇の以来の国葬になる可能性が考えられますね。

またそうなった場合は、安倍晋三元総理の国葬の当日は休み(祝日)になると予想しました。

国葬と国民葬・合同葬の違いは?

安倍晋三元総理の国葬の当日は休み(祝日)になるのかという結論の理由の中に、国葬・国民葬・合同葬という言葉が登場しました。

この国葬・国民葬・合同葬と言葉にはどんな違いがあるのでしょうか?

その答えを先にお伝えすると…

  • 国葬:国家が喪主になって行う葬儀
  • 国民葬:国家に対して貢献した人を称えて、その死を悼む葬儀
  • 合同葬:故人が勤めていた、企業・団体・機関とご遺族が共同で行う葬儀

また国葬・国民葬・合同葬の費用には誰がいくら払うのかにも違いがあります。

国葬・国民葬・合同葬の費用の違い
  • 国葬の費用は「国費」
  • 国民葬の費用は「一部国費で残りは遺族」
  • 合同葬の費用は「企業と遺族で分担」

安倍晋三元総理の葬儀は国葬で行われるということで、費用は「国費」つまり「税金」から支払われることについて、賛否両論の声が多くありました。

一体、安倍晋三元総理の国葬の費用いくらになるのか、そのあたりも気になりますね…。

安倍晋三元総理の国葬の費用はいくら?具体的な日程についても本記事では「安倍晋三元総理の国葬の費用はいくら?具体的な日程についても」と題しまして 安倍晋三元総理の国葬の費用はいくらな...

国葬には一般人が参列できるの?

2022年9月に行われる安倍晋三元総理の国葬。

国葬ということで、一般人が参列できるのかという点も気になりますね。

その答えを先にお伝えすると…

安倍晋三元総理の国葬は一般人は参列できない可能性が高いと予想しています。

安倍晋三元総理の葬儀は国葬で行われるということで、基本一般人の参列は拒めないという形になりそうです。

ですが、安倍晋三元総理の国葬が日本武道館で行われるとしても、一般人を参列をすべて収容するのは難しいと考えました。

現在では、安倍晋三元総理の国葬に一般人が参列できるかについては明確にされていません。

ですが国葬は、一般人が参列できる可能性よりは、記帳台や献花台を設けるという形になるほうが可能性として高いと考えられます。

今後、国葬に一般人が参列できるか明確な情報が入りましたら発表したいと思います。

まとめ

最後に本記事「国葬の当日は休み(祝日)になる?一般人が参列できるのかについても調べてみた」で紹介したことをおさらいしていきましょう。

❔国葬の当日は休み(祝日)になる?

  • 安倍晋三元総理の国葬の当日は休み(祝日)になる可能性はあります。

❔合同葬や国民葬との違いは?

  • 国葬:国家が喪主になって行う葬儀
  • 国民葬:国家に対して貢献した人を称えて、その死を悼む葬儀
  • 合同葬:故人が勤めていた、企業・団体・機関とご遺族が共同で行う葬儀

国葬には一般人は参列できる?

  • 安倍晋三元総理の国葬では、一般人が参列できる可能性は低いと予想しています。

最後までお読みいただきありがとうございました!

動画配信サービスは結局どれを使うのがいいの?人気6社を徹底比較!
<動画配信サービス>人気6社の比較を今すぐ見る
動画配信サービスは結局どれを使うのがいいの?人気6社を徹底比較!
<動画配信サービス>人気6社の比較を今すぐ見る