映画

グリンデルバルトの降板理由はなに?代役やジョニーデップの現在についても

本記事ではグリンデルバルトの降板理由はなに?代役やジョニーデップの現在についてもと題して

  • ファンタスティックビーストのグリンデルバルト役が降板した理由
  • グリンデルバルト役の代役について
  • ジョニー・デップの現在について

以上について紹介していきたいと思います。

ファンタビ1.2でグリンデルバルト役を降板となってしまった俳優のジョニー・デップ。

なぜジョニー・デップはグリンデルバルトを降板となってしまったのか…⁉

気になる降板理由やグリンデルバルト役の代役は誰になるのかについてまとめてみた。

【ファンタビ】グリンデルバルトの降板理由は?

「ファンタスティックビーストシリーズ」の最大の敵である「ゲラート・グリンデルバルト」。

そんなグリンデルバルトをファンタビ1.2で演じていたのが、俳優のジョニー・デップです。

ですが、ファンタビシリーズ最新作である「ファンタビ3」ではジョニー・デップは、グリンデルバルト役を降板しています。

なぜジョニー・デップはグリンデルバルト役を降板してしまったのか?

そのグリンデルバルト役の降板理由は…

ジョニー・デップの「元妻へのDV疑問」

実はジョニー・デップは、2018年に元妻であるアンバー・ハードへのDV疑惑をタブロイド紙「サン」に報じられていました。

ですがジョニー・デップは妻への暴力疑問については否定し、「サン」に対して名誉棄損で訴訟を起こしました。

結局2021年11月にジョニー・デップは敗訴という結果になってしまっています。

そして裁判に敗訴したこと受けてジョニー・デップは、ワーナーブラザースよりグリンデルバルト役の降板を伝えられました。

グリンデルバルト役の降板を伝えられたジョニー・デップでしたが、それについては納得して降板したようです。

ファンタスティック・ビースト」で演じたゲラート・グリンデルバルド役からの「降板を求められた」と明かし、「その要望を尊重し、同意した」とした。

引用元:BBCニュース

女優アンバー・ハードのプロフィール

元妻へのDV疑惑でグリンデルバルト役を降板となってしまったジョニー・デップ。

思わぬ形で注目を浴びてしまったジョニー・デップの元妻「アンバー・ハード」とは一体どんな人物なのか気になりますね!

本名 アンバー・ローラ・ハード(Amber Laura Heard)
生年月日 1986年4月22日(36歳)
出身地 テキサス州オースティン
身長 170㎝
出演作品
  • ドライブ・アングリー3D
  • ラム・ダイアリー
  • パワー・ゲーム
  • ラストミッション
  • ジャスティス・リーグ
  • アクアマン

建設会社経営の父とインターネット研究者の母を両親に持つアンバー・ハードさん。

そんなアンバーは、17歳の時に高校を中退し、ニューヨークでモデルをとして活動していました。

ですが、モデルは自身には合わずにロサンゼルスで女優を目指すことになります。

その後、テレビドラマの出演などで経験を重ね「プライド栄光への絆」で映画デビューを飾ります。

そして徐々にキャリアを重ねたアンバーは2012年に「ラム・ダイアリー」でジョニー・デップと共演をすることになりました。

2010年にアンバーは「両性愛」を公言したアンバーは、同性婚を支持する活動も行っています。

ジョニー・デップとの離婚後は、アンバーは実業家の「イーロン・マスク氏」との再婚を前提とした交際をしていました。

ですが多忙の為に破局しています。

ちなみにアンバーは、2021年には代理母出産で娘さんを出産しています。

ジョニー・デップとアンダー・バードの馴れ初めは?

2012年には「ラム・ダイアリー」で共演したジョニー・デップと交際を始めたアンバー。

ですがアンバーは、ジョニー・デップとの交際後に女性モデルの恋人ができた為、一度ジョニー・デップとは別れたそうです。

その後ジョニー・デップとは2014年に婚約したアンバー。

当時は23歳差のカップルの婚約に注目が集まっていました。

そして2015年には結婚することになりましたが、2016年には破局しています。

破局後にアンバーはジョニー・デップのDVを訴え、和解金7億円が支払われたドロドロの離婚劇となってしまいました。

グリンデルバルト役の代役は?

ジョニー・デップがグリンデルバルト役を降板してしまいましたが、代役は誰になる気になりますね!

そんなファンタビシリーズ最大の敵であるグリンデルバルト役をジョニー・デップの代役で務める人物が決定しました!

「ファンタビ3」よりグリンデルバルトの役を演じるのは…

ジェームズ・ボンド21作目「007/カジノロワイヤル」で知られる

マッツ・ミケルセン】に正式決定しました!

グリンデルバルトの代役に決まった「マッツ・ミケルセン」のプロフィールはこちら⇩

本名 マッツ・ディットセン・ミケルセン
生年月日 1965年11月22日(57歳)
出身地 デンマーク/コペンハーゲン

「北欧の至宝」の異名を持つ、実力派俳優「マッツ・ミケルセン」

元々体操選手でありダンサーであったマッツ・ミケルセンは、1996年に映画デビューを飾りました。

2004年に放映された「プッシャー2」でのトニー役の演技が高く評価され数々の賞を受賞し、俳優としての名声を得ました。

そんなマッツ・ミケルセンが「ファンタビ3」より演じる、新たなグリンデルバルトの姿が公開されました!

大人の色気もあり、さらに恐怖感が増したグリンデルバルトが見れそうですね…!

「ファンタビ3」からの代役ですが、新たなグリンデルバルトにすでに違和感がないのは、マッツ・ミケルセンの凄さが分かりますね♪

一体劇場でどんなグリンデルバルトが見れるのか今から楽しみで待ち遠しいですね…‼

グリンデルバルトを降板したジョニー・デップの現在は?

2021年にグリンデルバルト役を降板した「ジョニー・デップ」。

そんなジョニー・デップの現在が気になりますね!

ちなみに2020年に裁判で敗訴となってしまったジョニー・デップ。

ですが、裁判の結果には納得していないジョニー・デップは、今後上訴する予定であることも明かしています。

またDV疑惑のイメージダウンから「俳優としての危機」もあったジョニー・デップ。

ですが2015年から務めているディオールのモデルは続投しています。

ジョニー・デップのDV疑惑やその余波についての解決はまだまだ先になりそうですね…。

まとめ

最後に本記事「グリンデルバルトの降板理由はなに?代役やジョニーデップの現在についても」で紹介したことをまとめてみました。

  • グリンデルバルトの降板理由は?

✅ジョニー・デップの元妻へのDV疑惑によりグリンデルバルト役を降板した。

  • グリンデルバルトの代役は?

✅グリンデルバルト役の代役はデンマーク出身の俳優「マッツ・ミケルセン」

  • ジョニー・デップの現在は

✅裁判に敗訴後も納得はしておらず、今後上訴予定

思わぬ形でグリンデルバルト役を降板してしまったジョニー・デップ。

ですが、代役のマッツ・ミケルセンはすでに新たなグリンデルバルトを作り上げています。

ファンタビ3では、そんな新たなグリンデルバルトが見れるので。是非劇場に足を運んでみてください♪

ファンタスティックビースト関連記事一覧

<ファンタスティックビースト関連記事>

ジェイコブ・コワルスキー

クイニー・ゴールドスタイン

ポーペンティナ・ゴールドスタイン

ゲラート・グリンデルバルト

クリーデンス・ベアボーン

モデスティ・ベアボーン

パーシバル・グレイブス

最後までお読みいただきありがとうございました!